ノッチ娘かなみの中学受験志望校はどこ?広尾学園の噂と現在の偏差値はいくつかも

ノッチ娘かなみちゃんの志望校

スッキリの受験シリーズ第3弾に挑戦するのは、お笑い芸人ノッチの長女・叶望(かなみ)ちゃんです!

将来、化粧品開発の研究員の仕事に就くために、理系大学の進学を視野に入れて私立中学校の受験することとなりました。

まだ小学生なのに地に足がついた、しっかりした考えを持っていますよね。

同じような年齢の子どもがいる筆者は、かなみちゃんの勉強に対する姿勢に関心してしまいます。

 

さて、かなみちゃんの中学受験の志望校ってどこなのでしょう?

教育プランナーの宝田さんが「今の偏差値では足らない」と話していましたが、現状の彼女の偏差値はいくつなんでしょうか?

そこで今回は、かなみちゃんの志望校を中心に見ていきたいと思います。

  • 叶望ちゃんの志望校はどこか
  • 現在の偏差値について

これらについてまとめていきます。

 

Sponsored Links

ノッチの娘・叶望(かなみ)ちゃんの中学受験の志望校はどこ?

12月11日の放送では、教育プランナーの宝田さんがかなみちゃんの希望する進路に沿って、志望校を提案していました。

宝田さん
夢から逆算をして、中学を選んでいこうと思いました。

 

現時点で、叶望ちゃんの志望校の候補は3パターンあります。

理系の大学進学に強い(薬学系)

理系の大学進学に強い(理系全般・化学系)

中高在学中に理系・化学系の勉強ができる

化粧品開発の道に進むために必要な、化学と薬学の勉強ができる、理系の大学進学に強い3パターンの中学校に絞られました。

 

①理系の大学進学に強い(薬学系)

一つめの候補は、薬学部がある附属大学までエスカレーター式で行ける中高一貫の私立校です。

 

②理系の大学進学に強い(理系全般・化学系)

ノッチ娘の志望校

二つめは、理系の大学への進学率が高い中高一貫の私立校です。

 

③中高在学中に理系・化学系の勉強ができる

ノッチ娘の志望校

三つめは、授業時間の1/3を理科に割くなど、在学中に化学の勉強を重点的にできる中高一貫の私立校です。

宝田さんいわく、ここで志望校を決めるより、イメージを膨らませて、学校選びの参考にすると良いと話していました。

 

叶望ちゃんの志望校に関して、学費が6年間で580万円と友美さんが頭を抱える場面がありました。

入学金・施設設備金 117万円
授業料・教育設備費 367万円
諸経費 50万円
制服費 15万円
校外宿泊費 31万円

これらを合計すると約580万円になります!

全国平均で中高6年間でかかる費用を見ると、私立と公立では429万円も差が出てくるそうです。

また中学受験の試験料がおよそ2万5千円~5万円ほどなので、1校3万円としても、5校受験すると15万円かかることになるのです。

ノッチさんは娘さんに「お金のことは心配しなくても大丈夫」と話していましたが、もの凄い金額にただ驚くばかりですね。

 

番組で放送された3パターンの条件に当てはまる中学校を絞ってみました。

Sponsored Links

慶應義塾中等部

薬学部がある附属大学までエスカレーター式で行ける中高一貫の私立校”

この条件に当てはまる中学校は、慶應義塾中等部だと思われます。

中高一貫の私立高で、附属大学に薬学部があるのは慶應義塾ですね。

ただ人気の難関中学校とされており、偏差値は70。受験倍率は女子の場合 約7.9倍にもなります。

成績が優秀な子でも身構えてしまいそうな偏差値ですね。

 

桜蔭中学校

”理系の大学への進学率が高い中高一貫の私立校”

女子御三家とも言われる桜蔭学園は、理系大学の進学率が高い学校です。

東大進学率が全体の10%にも及ぶそうです。

高校から入学生を募集していないので、中学受験が必要です。

偏差値は72です。

 

豊島岡女子学園中学校

”理系の大学への進学率が高い中高一貫の私立校”

豊島岡女子学園中学校・高校のサイトの、大学進学実績によると、理学・工学大学への進学が全体の3割と一番多いです。

偏差値は70です。

 

鴎友学園女子中学校

”授業時間の1/3を理科に割くなど、在学中に化学の勉強を重点的にできる中高一貫の私立校”

鷗友学園の理科実験室は5つあり、実験の授業が多いカリキュラムだそうです。

中学の理科は中1は週3時間、中2は週5時間、中3は週4時間あり、毎週必ず実験を行うそうです。

リケジョを育てる最高の環境なんですね。

広尾学園中学校

”授業時間の1/3を理科に割くなど、在学中に化学の勉強を重点的にできる中高一貫の私立校”

この条件に当てはまる中学校は、広尾学園の可能性がありそうです。

私立の中高一貫校で、医進・サイエンスコースでは、6年間を通して研究活動に取り組むカリキュラムが存在します。

中学段階では授業のなかで「理数研究」を行い、高校からはさらに本格的な研究を進めていくことも可能。

中高一貫教育のアドバンテージを活かして、高校化学・物理の先取り学習を進めれることが特徴なんだそうです。

大学受験対策を有利に進めるための基礎力を身に着けることができると注目されています。

偏差値は61です。

 

理系大学進学に強い中高一貫校となると、どの学校も偏差値が高く人気校が多いですね。

かなみちゃんの志望校の候補を教育プランナーの宝田さんが提案していましたが、かなみちゃんは理科が苦手科目で、10月に受けた首都圏模試では理科が47点という結果でした。

平均は50点なのでわずかに及ばずの点数です。

しかし他の教科は頑張りを見せており、算数は平均52点に対して、かなみちゃんは65点

社会は平均47点に対して53点

国語は平均76点に対して71点という結果でした。

今後の頑張り次第でもっと上がりそうですね!

 

しかし宝田さんが、今の学力と大きくかけ離れる学校を紹介するのは考えにくい気がするのも正直なところです。

 

母友美さんのブログで、11月28日に中学校の入試説明会に参加した様子が書かれていました。

かなみちゃんは土曜日授業だっため、友美さん一人での参加になったそうです。

その日に説明会を実施していたのは、広尾学園中学校です。

複数の中学校を受験すると思いますが、かなみちゃんの志望校は広尾学園中学校の可能性もありそうですね。

 

▼今なら14日間無料体験▼

\すぐ授業が視聴できる/

スタディサプリ中学講座
※無料期間内に解約すればお金はかかりません

かなみちゃんの偏差値の推移

かなみちゃんは、今年のコロナの影響で塾がオンライン授業に切り替わりましたが、うまくディスカッションが出来ない状態で勉強を進めていました。

その影響もあって、9月の塾内模試で成績が下がってしまう結果に。

 

4月の塾のテストの偏差値…57
9月の塾のテストの偏差値…34

4月の結果を見ても、もともとの実力はあるはずなので、気負わず勉強を続けて欲しいです!

 

第一志望校合格に向けて、今後もかなみちゃんの頑張りを応援していきたいと思います。

Sponsored Links

Sponsored Links