M愛すべき人がいて(1話~全話)見逃し配信動画を無料視聴する方法まとめ

この記事では、安斉かれんさん&三浦翔平さんW主演のドラマ『M愛すべき人がいて』の第1話~全話を無料視聴する方法についてお伝えしていきます。

歌姫・浜崎あゆみさんの誕生までの出会いと別れについて、小説『M愛すべき人がいて』を素に描かれた作品ということで期待は高まるばかりです!

福岡から上京し、トップスターへの階段を駆け上がる平成の歌姫となったアユ。マサとの出会いで運命が動き出します。

出演者の演技も気になりますが、見逃した動画を無料視聴する方法や、あらすじについてもご紹介していきます。

 

そういうわけで今回は、『M 愛すべき人がいて』第1話~全話無料で見れる方法をチェックしていきたいと思います!

くまきちくん
放送から1週間経ってしまっても、ABEMAプレミアムなら見逃し配信が無料で見放題です!分かりやすく説明していきますね。

 

▼今すぐ『M 愛すべき人がいて』見逃し配信を見たい方はこちら▼
\まずは2週間無料体験/

ABEMAで『M愛すべき人がいて』を無料で見る!

※登録から2週間以内に解約すればお金はかかりません
 

 

目次

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の見逃しフル動画を無料視聴する方法は?

「ABEMAプレミアム」の無料期間で全話が見放題

 

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の見逃し動画はABEMAプレミアムの無料期間を利用して見ることができます。

\まずは2週間無料体験/

無料で今すぐ見る

>>ABEMAプレミアムの詳細はこちら
※無料期間内に解約すればお金はかかりません
 

ABEMAとは、AbemaTVが運営する 独自チャンネルの配信が魅力的な動画配信サービスです。

『M 愛すべき人がいて』の見逃し配信や、キャストのインタビュー動画なども見放題!

さらには昔なつかしい浜崎あゆみさんが全盛期のときのドームツアー映像や、浜崎あゆみさんの名曲MVなどが独占見放題となっています!

くまきちくん
本当に無料で見れていいんだろうか!?

無料会員登録をすると、これらの作品以外でもどのチャンネルも自由に見放題になります。

無料期間中に好きな作品をイッキ見してもOK!

 

見放題番組が豊富なABEMAですが、やはりサービスの料金が気になりますね。

ABEMAプレミアムの月額料金は960円(税抜)です。

1ヶ月960円ですべての番組が見放題なのはお得ですが、やはり有料だと悩んでしまいますよね…。

 

しかし、今なら初回登録から2週間は無料体験できるんです。

無料体験中に「もう見ない」と思ったら、いつでも無料で解約ができます。

 

筆者も今回『M 愛すべき人がいて』と恋愛リアリティーショーを見るために、ABEMAプレミアムに登録しました。

家事と育児の合間や、夜に子どもを寝かしつけたあとなど、時間があるときにスマホで見逃した話を一気見しています。

最近ではFire TV Stickも買って、テレビの大画面で簡単操作で見ています。

早速、手放せない感があって心配になっています‥^^;笑

 

ABEMAの配信作品

おっさんずラブ、東京独身男子、時効警察はじめました、アリバイ崩し承ります、御曹司ボーイズ、僕だけが17歳の世界で、奪い愛 夏、会社は学校じゃねーんだよ、フォローされたら終わり、特命係長 只野仁、恋する♡週末ホームステイ、いきなりマリッジ、今日好きになりました、月とオオカミちゃんには騙されない‥ほか多数(5000本以上)

ABEMAは恋愛リアリティショーや、オリジナルドラマが豊富なのが特徴です!

ABEMAの独占番組がたくさんあるのが嬉しいポイントですね。

\まずは2週間無料体験/
ABEMAで『M愛すべき人がいて』を今すぐ見る

>>ABEMAプレミアムの詳細はこちら

※無料期間内に解約するばお金はかかりません

 

TVerなどの見逃し配信サービスで視聴できる?

地上波のほとんどのドラマは、放送日から1週間後まではTVer、GYAO!などの無料見逃し配信サービスで見ることができますが、ドラマ『M 愛すべき人がいて』は配信されていません。

今作品はABEMAの独占配信になっています。

放送後1週間まではABEMAで無料で見れますので、間に合う方は見て下さい!

 

これより前の話が見たい場合はABEMAプレミアムの無料期間で視聴して下さい。

 

ドラマ『M 愛すべき人がいて』見逃し動画配信状況

ドラマ『M 愛すべき人がいて』の見逃し配信をしている動画配信サービスをまとめました。

※訂正:ABEMAの無料期間は正しくは2週間です。
『M 愛すべき人がいて』のフル見逃し配信を行っているのは、ABEMAだけでした。

2週間より前の話数をイッキ見したい方は、ABEMAプレミアムの無料期間で楽しんで下さいね。

 

\まずは2週間無料体験/

無料で今すぐ見る

>>ABEMAプレミアムの詳細はこちら

 ※無料期間内に解約するばお金はかかりません

 

ドラマ『M 愛すべき人がいて』のあらすじ&ネタバレ

イントロダクション

歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた
話題作『M 愛すべき人がいて』(小松成美著・幻冬舎文庫刊)を
安斉かれん&三浦翔平主演で初のドラマ化!
原作に“ドラマならでは”のオリジナル要素を加えて、壮大なスケールで描いていきます。

激動の音楽業界を駆け抜けるアユとマサ――。
二人の愛や葛藤を描く物語に、
脚本家・鈴木おさむならではのエッセンスをふんだんに散りばめた
ジェットコースター・ラブ作品がここに誕生!

二人の運命を左右する強烈なキャラクターを演じるのは
白濱亜嵐、田中みな実、高橋克典、高嶋政伸ら豪華キャスト陣。
敵か味方か――。
アユとマサの愛と絆、そしてあふれる才能を目の当たりにして
嫉妬に狂った人々が
壮絶な嫌がらせ、狂気に満ちた言葉責め、
不気味なほほ笑みと、まさかの裏切りで
二人を追い込んでいく…。

華やかなスターダムに上り詰めていくアユとマサだが…
待ち受けているのは、愛のドロ沼――。

引用:テレビ朝日より

 

【M愛すべき人がいて】第1話『俺の作った虹を渡れ!』(2020年4月18日(土)放送)のネタバレ・あらすじ・感想

1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。

東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。

そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。

一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。

一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。

その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。

フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。

その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。

緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。

翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。
平成の歌姫誕生に隠された物語がいま、幕を開ける――。

 

「M愛すべき人がいて」を見た視聴者の感想は、浜崎あゆみさん役の安斉かれんさんが「昔のあゆとそっくり」と言った声や、田中みな実さんの演技に話題が集まっているようですね。

たしかに筆者も、安斉かれんさんの顔はもちろんのこと、鼻にかかったような声や、若い頃の舌足らずな感じの話し方が浜崎あゆみさんに似ていて、あゆ役にピッタリだと思いました。そしてやっぱりかわいいです!

マサ役の三浦翔平さんは、安定感のあるイケメンで、見ていてなぜかこっちがドキドキしてしまいました‥笑

 

そして、話題となっている田中みな実さんは、今はまだ謎の女性で、なぜか眼帯を付けているマサの秘書役ですが、最初の登場から悪女オーラ満載で表情などが怖かったですよね。

マサに対する愛情表現やあゆに対する嫉妬心など、ドロドロ恋愛ドラマには欠かせない悪女っぷりを1話目から発揮されています。

他にも、エービクトリー社長役には最近悪役が多い高嶋政伸さんが起用され、いかにも嫌な感じの社長として存在感を発揮していました。

 

1話目の内容は、あゆが東京に上京しマサと出会い歌手を目指すことを決めるというあらすじでした。

その2人の出会いのきっかけが、マサが立ち上げたクラブで遊びに来ていたあゆを見つけ、マサの目に止まり電話番号を渡されるという出会いでしたが、この出会い方が本当なのか盛った話しなのかは分かりません。

いかにも年代を感じるというか、今では考えられないような出会い方だと思いましたね。

これが実際に起きたことなのであれば、1話目を見ていて、2人は出会う運命にあったのだろうと思いました。

 

今後の展開としては、2人が恋愛関係に進むであろうということ。

あゆが歌手を目指すことに対し、いくつもの邪魔するものが出てくるのであろうということ。
そして、それがドロドロしているのだろうと思いますが、安斉かれんさん演じるあゆにピュアさがあり、ドロドロした感じだけではないドラマになっていると思います。

次回2話目の展開も楽しみですね!

 

【M愛すべき人がいて】第2話(2020年4月25日(土)放送)のネタバレ・あらすじ・感想

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、プロデューサー・マサ(三浦翔平)が、中谷プロに所属しているアユ(安斉かれん)と会い続けていることを、ここぞとばかりに問題視していた。

大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。

するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認める。

マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。

急な展開に驚きつつもニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。次から次へとハードなレッスンを進める天馬…。まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。

その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。

張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声を掛ける。一方、マサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていて…。

そして3カ月後――。ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く…。

 

第2話は、中谷プロを退所して自由となったアユがマサの下でデビュー出来ることとなり、単身でニューヨークへ歌のレッスンを受けに行き、精神的にも強くなり成長していくという話でした。

相変わらず悪女オーラたっぷりの田中みな実さんは、今回も目障りなあゆをつぶすように指示をする意地悪な役でしたね。

マサと田中みな実さん演じる姫野礼香は不倫関係のようですが、頭の切れるマサがなぜこのような悪女に引っかかったのか不思議です。

 

そして今回の話のメインキャラクターと言えるのが、なんと言っても水野真紀さん演じるトレーナーの天馬まゆみだと思います!

ニューヨーク在住のトレーナーという設定ですが、羽根が付いた派手な衣装を身にまとい、片言の日本語と英語で罵声をあびせるといった強烈なキャラクターです。

インパクト大でしたね!正直コントなのかと思ってしまうほどのやり過ぎ感もありましたが笑

浜崎あゆみさん自身もデビュー前に単身ニューヨークへボイスレッスンを受けに行っていますが、実際に指導してもらったトレーナーもこのようなインパクトのあるトレーナーさんだったのか気になりますね。

自叙伝では、実際にニューヨークへ訪れた場面で”トレーニングのときに厳し過ぎて怖かった”という一コマがあるので、ドラマの描写に近いものがあったかもしれません。

 

そして、クサ過ぎてちょっと笑ってしまったのが、アユがニューヨークレッスン中に自信を無くしていた時にちょうどマサが会いに来るシーンです。

街中にいた道化師に風船をもらったアユが、その風船のヒモを手放してしまったところをマサがジャンプして見事キャッチして現れるという登場シーンでした。

実際に自分のためにニューヨークにまで会いに来てくれたら、拍子抜けしてしまうと思いますが、アユの表情はときめいていましたね。

あんな登場ではなくとも、落ち込んでいる時にまるで王子様のようにタイミング良く会いに来てくれたら恋に落ちるのは分かります‥♡

 

そして、精神面も鍛えられたアユが帰国し、日本で別の歌手デビューを目指す女の子たちと合宿をします。

合宿メンバーにいじめられたりしながらも、厳しい合宿で歌手デビューの切符を勝ち取りました。

正直、最終課題のマラソンでは、前日の脱臼したはずの肩はどうしたのか!?とツッコミたくなるような走りを見せたアユでしたが、愛と夢の力で乗り越えたということでしょう。

次週は歌手デビューに動き出したあゆに更なる邪魔が入り、さらに友情関係もドロドロしそうです。

 

\まずは2週間無料体験/

ABEMAで『M愛すべき人がいて』を無料で見る!

※2週間以内に解約すればお金はかかりません
 

【M愛すべき人がいて】第3話(2020年5月2日(土)放送)のネタバレ・あらすじ・感想

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。

反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。

会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。

ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが…。

翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。

しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。

一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、「あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告し…。

ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユを“アーティスト”として売り出そうと考えたのだ。

作詞なんて無理…と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。

アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう…。

 

第2話は水野美紀さん演じる天馬先生が、めちゃくちゃおもしろかったと視聴者の間でも話題となりましたが、今回は新キャラ的な登場人物は出てきませんでした。

ですが、毎回話題になりますが、田中みな実さん演じる秘書の圧倒的存在感!

いちいち怖い雰囲気&危ない空気感を持って登場し、なんだか闇がありますよね。マサに対する異常な執着と嫉妬心が感じられます。

そして毎回、必ず1回は眼帯を外します。右目がどうなっているのか気になりますね。

”この目になった原因は、マサが関係している”といった発言がありましたが、一体何があったのか今後の話で分かってきそうです。

ドラマの終盤には、2人のフォトブックや婚姻届までも用意し、結婚を迫る田中みな実さんの演技が怪奇すぎて、だんだん痛々しく感じてしまうほどでした。汗

 

一方、演技力が問われている主人公のあゆですが、ドラマのなかで何度も自分の事を「あゆ」と言いますが、鼻にかかった声が実際の浜崎あゆみさんに似ていることで、浜崎さんの当時の様子がイメージできますね。

第3話目の冒頭では、グループでのデビューを聞いたあゆが、”ソロデビューでないと歌手を辞める”という強い意志に、「辞めさせるわけにいかない」とマサがあゆをお姫様抱っこして「俺を信じろー!」というシーンがありました。

正直言って、「あの王子様感はなに!?付き合っているやん!」と思わずツッこんでしまいました。笑

どんどんと、あゆの心がマサへの尊敬や信頼から恋心へと変化していく第3話でしたね。

 

メジャーデビューする課題として、うたの歌詞を書くように言われ、作詞にチャレンジするあゆ。

代表曲「A Song for X X」の歌詞をかいているの見て、デビュー前に書いていたものだったのかと思いました。

あゆの全盛期に筆者は学生だったので、ドラマで曲が流れるとカラオケに行ってよく歌っていたあの頃を思い出し、懐かしく思いました。

パン子さん
曲とともに当時の思い出がよみがえって来ることってあるよね!

次回第4話の予告動画では、女の嫉妬でさらにドロドロしそうだと感じました。

あゆはこの先どうなるんでしょうか?田中みな実さんの暴走気味の演技にも注目したいです!

 

【M愛すべき人がいて】第4話(2020年6月13日(土)放送)のネタバレ・あらすじ・感想

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、アユ(安斉かれん)のデビュー日に、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするガールズグループAxelsのデビューをぶつけることに。

マサはアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香(河北麻友子)をはじめ「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。

なんとかしてマサを叩き潰したい大浜は、全国のクラブ回りという地道なプロモーションでAxelsを売ろうと考えていた流川を呼び出し、アユに勝つためならAxelsに大量のプロモーション費を投入してやると告げるが…。

そんなマサの期待に応えたいと焦るアユだが、その思いは空回りするばかり…。レコーディングでも上手く歌えず、スタッフたちからあきれられてしまう。

なかなか音楽番組への出演が決まらずイラ立つマサと、理沙(久保田紗友)らAxelsのメンバーからアユに勝ちたいと詰め寄られている流川を呼び出した大浜は、大物プロデューサー・黒川誠に認められたら、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるとほのめかす。

さらにその後、流川にある悪魔の提案を…。

一方、秘書の姫野礼香(田中みな実)は、「会ってほしい人がいるの」と、離婚したマサを強引に呼び出し…。
ついに礼香の愛が常軌を逸した暴走を始める――。

 

第3話放送後から延期されていた「M愛すべき人がいて」が6月13日より再開し、第4話が放送されました。

今回の率直な感想としては、やはり田中みな実さんの演じる、秘書の礼香が暴走していて面白かったですね!

礼香の登場シーンになると、ドラマの曲調も変化して怪奇的な演技に拍車が掛かっているように思います。
そして今回、礼香が片目を失った原因が判明しました!

マサの不注意で礼香とぶつかってしまい、礼香が階段から転げ落ち、ちょうど持っていたグラスが割れてその破片が目に突き刺さってしまったという事故が起きたためでした。

その状況に激怒した礼香の両親に謝罪し、礼香の目になることを宣言したのでした。

元々礼香はマサに好意を持った普通の女性でしたが、その事件とマサの「俺が礼香の目になる」という言葉がきっかけで、マサへの執着心の強い女性へとなってしまったようです。

ドラマの終盤には、礼香がウエディングドレス姿で出社しマサの前に現れるという奇怪なシーンが登場し、その光景にマサ本人もビックリでしたが、視聴者の間でも話題となったようです!

 

一方、主演の安斉かれんさんはやはり美人で、どことなく浜崎あゆみさんに似ているのでハマリ役だったと思います。

周りに幾度となく邪魔をされ、マサと二人三脚で頑張っていますが、なかなかデビューへの道は厳しそうですね。

そして、あゆは何曲もの歌詞を書いていましたが、その曲のほとんどがヒット作であり、デビュー前に書かれた事を知ったと同時に、マサの事を思って書いた歌詞であったことが分かりました。

浜崎あゆみさんが歌っていた当時には分からなかった事実が、今改めて明かされたのだと思いました。

 

最後に、あゆはマサ本人にマサの事を好きだという気持ちを伝えました。

次回、あゆの気持を知ったマサはどうするのか、そして礼香との関係もどうなるのかが気になるところです。

 

【M愛すべき人がいて】第5話(2020年6月20日(土)放送)のネタバレ・あらすじ

レコード会社A VICTORYの専務でプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、FAXで届いたアユ(安斉かれん)からのラブレターを読んでいた。

ふと気配を感じ、振り向くと…そこにはウエディングドレスを着た秘書の姫野礼香(田中みな実)が!

礼香は「マサとの結婚式で着るドレスを借りてきた」とニッコリ。

予想外のできごとにフリーズするマサだが、キスを迫る礼香を押しのけ、「結婚できない」と静かに告げる。

すると、「約束いはーーーーーーーん!」。礼香から笑顔が消えた…。

アユからの愛の告白で自分の気持ちに気づいたマサは、アユを呼び出す。

ついに気持ちが一つになり、幸せいっぱいの二人だが…。

街にアユの看板が増えていく中、ガールズグループAxelsの玉木理沙(久保田紗友)は、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)に焦りをぶちまける。

力のあるプロデューサーに呼び出され、一夜を共にしたことで自暴自棄になっている理沙に詰め寄られた流川は、やりきれない思いをマサにぶつける。

周りに何を言われても強引に自分のやり方を貫くマサのことが大嫌いだと…。

一方、社長の大浜(高嶋政伸)は、マサをたたき潰すため、Axelsに莫大な予算を投入。

尊敬していたマサに反旗をひるがえした流川とアユを憎む礼香に、とんでもない提案をする。大浜の暗躍によって、アユとAxelsのデビュープロモーションは加熱の一途をたどることに…。

そしてついに、アユとAxelsは運命のデビュー日を迎える――。はたして、その明暗は…?

愛するマサとともに歌姫への第一歩を踏み出したアユの運命は…?

 

第5話では、ついに白川亜嵐さん演じる流川プロデューサーまでもが怜奈との激しいキスを交わすなど関係を持ってしまうという、ドロドロの展開になりました。

こんなドロドロな会社大丈夫!?と思ってしまいますが・・・

 

前回の続きから、怜奈はまさかのウエディングドレスを来てマサの前に出社。

結婚式の話しをしますが、マサに結婚はできないと断られてしまい怒り狂ってしまいます。

もう、田中みな実さん演じる怜奈は恐怖であり、ホラーのようになっていますね。

その狂った女性を田中みな実さんは演じきっているので、女優としてさらに開花したのではないでしょうか。

 

一方で、あゆはマサに自分の気持を伝えました。

その思いを知ったマサは自分もあゆのことが大事で恋愛感情があると、あゆに打ち明け2人は晴れて恋人同士になります。

良かったとは思うのですが、マサが自分の気持を伝えるためあゆに会いたいと呼び出します。

そしてお互い会いに向かっているところ、渋谷109の交差点前で遭遇。

信号が青になった瞬間、2人とも駆け出し横断歩道の真ん中で抱き合うというシーンでししたが、それがまさに90年代を思わせるトレンディードラマのようなワンシーンで笑えてきてしまいました。

設定は90年代の話しですので、ある意味再現されているのかもしれませんね。

 

そして、あゆのデビューが決まり、その日に向けて動き出します。

あゆとマサをよく思っていない人たちが裏で手を回しながら、流川がプロデュースするアイドルグループをあゆに勝たせるため、乗り気で無かった流川も怜奈の煽りと激しいキスを受けたことで触発され、社長と手を組んでしまいます。

流川もどんどん泥沼にハマっていきそうですね。

あゆは周りの人たちからの圧力を受けながらも、1stアルバムでは1位を獲得しました。

ですが、次週もまだまだ周りのライバル達によって様々な邪魔が入りそうです。

 

ここで朗報ですが、田中みな実さん演じる怜奈が主演のドラマが放送されるようです。

怜奈の学生時代や過去がわかるようで、なぜこのような性格になったのかが分かりそうですね。

こちらも気になるところです。

【M愛すべき人がいて】第6話(2020年6月27日(土)放送)のネタバレ・あらすじ

アルバムが大ヒットし、アーティストとしてもブレイクを果たした平成の歌姫・アユ(安斉かれん)とプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、おおっぴらにはできないながらも着実に愛を育んでいた。

そんな二人を横目に、嫉妬に狂ったマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)に、ホテルから出てきた二人の決定的な瞬間の写真をチラつかせて、一気に叩き潰す作戦を持ち掛ける。

裏で礼香と大浜の策略が進んでいるとは知らないマサは、自宅をリフォームし、アユを呼び寄せる。

アユの部屋、ドレスルーム、簡単なレコーディングまでできる音楽スペースなどを備えた夢のような家で、一緒に暮らし始めた二人は、満ち足りた毎日を送っていた。

分刻みのスケジュールに追われながらも、アユが手料理を振る舞ったり、マサが曲作りのすべてを教えるなど、まさに幸せの絶頂――。

一方、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)は、大浜からAXELSの解散を宣告される。

悲しみに打ちひしがれながらもアユに大差をつけられた事実を受け止めるメンバーだが、その夜、玉木理沙(久保田紗友)が自殺を図り…。

責任を感じ、すっかり落ち込んでしまった流川は大浜とマサに退職を申し出る。

しかし、マサは流川の辞表を破り捨て、「逃げてんじゃねぇよ!」と一蹴。メンバーが次の道に進むまできちんと向き合うよう説得する。

そんなある夜、アユとマサが帰宅すると…誰もいないはずの家になぜか礼香が!

あまりの衝撃に驚きを隠せない二人に、礼香は常軌を逸した行動を始め…?

結託した礼香と大浜によって窮地に追い込まれていくアユとマサ、二人の運命は――?

 

「M愛すべき人がいて」の第6話が放送されました。

最近は、大注目の話題作としてSNS内のニュースなどでも取り上げられていますね。

ドロドロ展開へと加わったのかと思われた流川ですが、まさかの自分が手掛けたAXELSの解散により傷ついたメンバー久保田紗友さん演じる、玉木理沙が自さつを図り責任を感じてしまいます。

そのことがきっかけで、次第に理沙が自分の大切な人へと変わっていき突然のプロポーズを告白、理沙もビックリしながらも喜んでプロポーズを受け2人は結ばれることとなりました。

流川の方はこのように落ち着いたので良かったと思います。ひと安心ですね。

 

そして、今回も嫉妬の憎悪に燃える姫野礼香は健在でした。

礼香が登場すると、どうしてもコントのように思い爆笑してしまうのは私だけでしょうか‥。笑

宅急便の伝票をマサの顔に貼りながら、「礼香お届け便で~す」みたいことをいう下りは、三浦翔平さんも笑いをこらえるのに必死だったのでは!?と思うほどで、見ていて爆笑してしまいました。

 

一方で、アユはアルバムがヒットし人気アーティストへと上り詰め、マサとの同棲も開始し順風満帆のようでした。

このドラマがほとんど本当の事ならば、浜崎あゆみさんは松浦勝人氏によって守られ作り上げられ、さらにはチームアユの周りの人達からも守られてきたのだということがすごく分かります。松浦勝人氏は本当に大切にしてきたのでしょう。

ですが、やはり裏では2人を良く思っていない礼香や社長が動き出し、アユとマサが付き合っていることを会社でバラしマサの解雇宣言をしました。

次週完結ということで、マサの解雇はどうなるのでしょうか。

さらには、トレーナーの天馬まゆみ先生も再び登場!?最終話、どのように完結するのか楽しみですね。

 

【M愛すべき人がいて】最終話(2020年7月4日(土)放送)のネタバレ・あらすじ

A VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)は、会議の場で、ホテルから出てくるアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の写真が週刊誌に載るのを事前に防いだと発言。

本来ならマサは即解雇だが、その代わりに新しい巨大フェスの開発、映画事業の開発、新人の発掘と売出しという3つのビッグプロジェクトを成功させるよう指示する。

マサはアユのことを会社全体で守ることを条件に、このプロジェクトを引き受けることを決意する。

一緒に仕事ができなくなるのではないかと不安になるアユ…。

マサは「俺はお前でお前は俺だ」とアユを抱きしめ、これまでに教えた曲作りの知識を生かして、自分がいなくても周りにどんどん意見を言うようアドバイスする。

いざプロジェクトが始動すると、分刻みのスケジュールに、連日の接待…と、マサは酒を飲んで朝帰りする日々が続く。

一方アユは、マサの右腕として復活した流川翔(白濱亜嵐)のサポートで、どんどん新しいことにチャレンジし、次々とヒットを飛ばしていく。

すれ違う日々の中でも、お互いを信じ、思い合う2人だが…。

久しぶりに時間が作れそうなマサとランチデートの約束をし、ウキウキするアユ。

しかし、そのデートは叶わず…、謝るマサにアユは涙ながらにこれまで我慢してきた不安やいら立ちをぶつけてしまう。

“仕事”のために、少しずつ引き離されていく2人――。

そんなある日、礼香(田中みな実)の「アユはマサがいない方がいい歌を作る」というセリフが胸に突き刺さったマサは、ある決意を固めて…。

自分の気持ちを押し殺し、悲しいシナリオを描き始めるマサ。

そして、そんなマサの行動を目の当たりにしたアユが、ショックのあまり姿を消してしまう。

その後、恩師の天馬まゆみ(水野美紀)、マサが見守る中、アユはステージへ――。

さらに、アユもまたマサに最後のラブレターを送ろうと決意している。

アユとマサ、2人が下す決断は?
そして神に選ばれた歌姫・アユの運命は――?

ついに「M愛すべき人がいて」が完結しました。

最終話が終えた後に、浜崎あゆみさんがSNSでコメントをしたことでも反響を呼びました。

ドロドロ展開で最後はどうなるのかと思われましたが、ハッピーエンドとはいかなかったものの、あゆとマサが前向きに進んで良かったと思います。

主演の安斉かれんさんがSNS上で「人形みたに可愛い」などと話題になっていましたが、まさにその通りで、浜崎あゆみさんにもどこどなく似ているので、最後までピッタリだったと思います。

あゆとマサは多忙な為にすれ違いが生じてしまいます。

あゆはマサがいなくてもどんどん成長していく姿を見て、マサはあゆから離れようと決意し、嫌われるようにわざとあゆが来るのを見計らって礼香とキスをしてしまうシーンがありました。

あゆに対してもひどいですが、礼香に対してもひどかったですね。

今まで嫉妬に狂い怖かった話題の礼香ですが、その時ばかりは普通の女性として可哀想でした。

最終話の礼香は、以前までの勢いはありませんでしたね。

最後には、普通の女性のように可愛らしい笑顔をマサに向けていたので、可愛い田中みな実さんが戻ってきたなと思いました。

このドラマを全部見終え、浜崎あゆみさんの歌詞には松浦勝人氏への思いが溢れていたことが分かりました。

筆者である私が中学校時代に流れていた曲ばかりだったので、とても懐かしくその当時を思い出しながら視聴していました。

浜崎あゆみさんも1人の女性として純粋に恋愛をしていたのだと思いました。

\まずは2週間無料体験/
ABEMAで『L礼香の真実』を今すぐ見る

※無料期間内に解約するばお金はかかりません

 

『M 愛すべき人がいて』の出演キャスト

浜崎あゆみ:安斉かれんさん

ダイヤの原石”アユ”役は安斉かれんさんです。

幼い頃に父が蒸発して以降、福岡で母と祖母と暮らす女子高生。

本格的に芸能活動するため一念発起し、祖母と上京。

マサと出会い、急激に運命が動き始める。

かれんさんが毎週が演じ分ける“成長過程”に注目です!

 

マサ:三浦翔平さん

レコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任。

「マックス・マサ」として活躍するスゴ腕プロデューサー。

ダイヤの原石を探している時にアユと出会います。

 

流川翔 :白濱亜嵐さん

レコード会社「A VICTORY」の社員で、マサ直属の部下。

マサとは学生時代からの付き合いで一番の理解者。

明るい愛されキャラだが、若干チャラめな性格。

 

姫野礼香:田中みな実さん

レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。

決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。

長年マサに思いを寄せ、彼が離婚するのを待ち望んでいる…

田中みな実さんの怪演ぶりに注目しましょう!

 

大浜:高嶋政伸さん

レコード会社「A VICTORY」の代表取締役社長。

粘着質で不気味な男。

マサと共同で「A VICTORY」を設立。

経営面を取り仕切るが、才能あふれるマサに嫉妬している。

 

中谷:高橋克典さん

上京したアユが所属する芸能事務所・中谷プロの社長。

マサがアユの才能を見出したことを知った瞬間、
惜しくなった中谷は、
二人の邪魔をしようとするが‥

 

輝楽天明:新納慎也さん

「A VICTORY」の名音楽プロデューサー。

多くのヒット曲を生み出し、会社の稼ぎ頭として君臨している。

マサとは良きライバル的存在。

 

玉木理沙:久保田紗友さん

アユのクラスメイトの理沙は、歌手を目指している。

歌手のスクールに通って売れるために頑張っている志の高い女の子。

 

\まずは2週間無料体験/
ABEMAで『M愛すべき人がいて』を今すぐ見る

※無料期間内に解約するばお金はかかりません

 

Sponsored Links

Sponsored Links