たつき諒になりすました人の正体は何者?現在のTwitterアカウントや目的についても

たつき諒のなりすまし

1999年に発売された、たつき諒先生の予知夢について綴られた『私が見た未来』の復刻版が2021年7月17日に発売される予定でした。

しかし6月25日に出版社から、本の発売が急遽 延期されることが発表されました。

 

書店や各オンラインショップでは、あらかじめ本の予約を受け付けていたこともあり…

くまきちくん
相当な人気で出版が追い付かないんだな~

そんな風に思っていました。

 

しかし今回、たつき諒先生の公式サイトとされていた『不思議探偵社』によると、今までサイトで発信した予言内容の数々はたつき諒先生になりすました人物によるものだったことが明かされ、SNSやネット掲示板に登場していた”本人”を語る人物についても、ご本人とはまったく関係のない別人だったことが分かりました。

くまきちくん
えっ!?

ここ数年では『私が見た未来』がテレビ番組でも紹介されていたこともあり、かなりの注目を集めていましたよね。

今まで信じられていた予言の解釈は別人による発信だったと分かり、ネット界隈は騒然としています。

一体どういうことなのでしょうか?

なりすましている人物についてや、今回の真実が発覚した時系列についてまとめてみました。

 

Sponsored Links

たつき諒先生になりすました人物の正体は何者?

今回、なりすましの人物の存在が世間に知れ渡るきっかけとなったのが、冒頭でもお話した【私が見た未来 完全版】の発売延期が決定したことによります。

6月26日発表の出版社のコメントは…

商品内容の一部変更のお知らせ

10月2日に発売予定の『私が見た未来 完全版』につきまして、
制作の過程で新たな事実が判明し、内容の一部を変更させていただくことになりました。

本書は1999年に発表された作品の改訂で、読み解きや解釈を加える構成を予定していましたが、
未発表の原稿や新たな予知夢が出てきたため、内容を大幅に見直すことにいたしました。

当初、予定していた構成と異なる部分がございますのでご注意ください。

小社ホームページ及びネット書店様の当該書籍の紹介ページにて、
改めて内容紹介のご案内をさせていただきます。

また、取材を通じて、8月の富士山の噴火をはじめとする様々な予言の中に、
著者の意図と異なる不確かな情報が確認されました
ので併せてご報告させていただきます。

すでにご予約いただいたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご購入前に今一度内容のご確認をお願い申し上げます。

2021年6月26日
株式会社飛鳥新社

 

この発表を読むだけでは真相はよく分かりませんが、簡潔に言うと『私が見た未来』の復刻版が出版されることをたつき諒先生ご本人が知り、出版社に問い合わせて事が発覚したそうです。

 

今回の騒動を時系列にまとめました。

【6月25日】

・『私が見た未来 完全版』の発売延期が発表される。7月17日→10月へ

・飛鳥新社公式サイトにて、たつき諒先生のなりすましアカウントの存在が公表される。

【6月26日】

・予知夢に関して新たなに事実が分かってきたため、本の内容が大幅に変更されることが発表された。

【6月28日】

・『月刊ムー』7月号に掲載されたインタビューは、たつき諒先生のなりすましによるものだったと発表される。

 

・『不思議探偵社』においても、今までたつき諒先生の発言として掲載した内容はなりすましによるものだったと発表する。


 

Twitterで”たつき諒”を名乗り、活動していた人物は、すでに事実と認めているそうです。

偽物と判明しているTwitterアカウンント2つはすでに削除されて、過去のツイートを見ることはできなくなってます。

@tatsukiryofusi1
@TedpfLT38ptTtGO

 

当ブログにおいても、たつき諒先生についての記事を公開するにあたって、掲示板に登場したたつき諒を名乗る人物の発言の数々を引用しておりました。

その際に荒っぽい言葉遣いや、片言の日本語に違和感を感じましたが、その人物によると富士山噴火と横浜大津波の襲来時期が近づいているため急遽スマホを購入してふたたび情報発信を始めたと語っていたため、その言葉を鵜呑みにしておりました。

団塊世代のたつき先生が、一生懸命に慣れないスマホを操作して書き込みをされているのだと思うと、そう不思議もなく…。

たつき諒のなりすまし

出典:がるちゃん

 

出典:がるちゃん

 

出典:がるちゃん

 

出典:がるちゃん

 

出典:がるちゃん

 

Twitterでは常にエゴサーチしていたようで、たつき諒先生に関する書き込みには即反応してリプしたり、解釈が違うツイートを正したりなど、かなり熱心に活動している印象でした。

ネットでは、書き込みの言葉遣いや雰囲気が「中年以上の男性っぽい」という意見が多く見られます。

 

3月には、フライデーにもたつき諒先生のインタビューが掲載されていましたが、それもなりすましの人物によるものだったんでしょうか?

フライデーの記事によれば、”出版元の朝日ソノラマの元担当者や関係者を総当たりして、たつき先生との接触を試みた。”と書かれてます。

そのときは対面取材はNGで、専門用語の通訳として不思議探偵社のレオさんが間に入って行われたそうです。

実際のところはどうなんでしょうか?

 

Sponsored Links

たつき諒先生になりすました人物の現在のTwitterアカウントはどれ?目的と本当の職業は何してる?

よく考えてみると、なりすましアカウントが勝手に取材を受けて本の復刊を決めてしまうことが現実にあり得るなんて、少し怖いですね。

このまま、たつき諒先生のなりすましだと気づかれずに本が出版されていたらどうなっていたんでしょうか。

パン子さん
さすがに印税の契約を結ぶときに発覚するでしょ。

 

たつき諒を名乗るアカウント(@tatsukiryofusi1)は、いつの間にか名前を変え、なりすました経緯について語り始めました。

たつき諒のなりすまし

このツイートから、たつき諒先生のなりすましの人物は男性だと分かりました。

また”1976年に、未来の災害を防ぐために『未来を見せる存在』から予知夢を見せられそうになったが、当時はまだ子どもだったから断った。”と語ってます。

もし1976年に10歳くらい(?)だったら、たつき諒先生になりすました人物の現在の年齢は55歳くらいになりそうですね?

 

この男性が予知夢を見ることを断ったら、その代わりに漫画家のたつき諒先生が予知夢を見せられることになったそうです。

 

上記ツイートによると、たつき諒先生になりすました目的は、2016年から再び『未来を見せる存在』から被害減係を頼まれたからだとのこと。

「一般人が被害を減らすには
たつき先生を名乗り、まだ現実化していない
富士山噴火
神奈川県大津波の減災を」

たつき諒を名乗って、世間に予言を拡散するように…とお告げがあったそうですよ。

 

この件により、たつき諒先生ご本人が『私が見た未来』の復刊を決意し、予言が世間に知れ渡り、被害が減らすことができて良かった…ということなんでしょうか?↓

なりすましはいけないことですが、今回の件が拡散されたことによって、災害への危機意識を持つことには一役買ったのかな…とは思います。

【6.30追記】

なりすましの男性の年齢について、読者様よりご指摘をいただきました。

現在は削除された公式サイトの記載によると、”1996年3月に最後の予知夢を見てから、友人にブログで発信してもらった。”といった内容が書かれています。

しかし当時はまだインターネットは普及しておらず、パソコン通信を使って掲示板で交流するスタイルが一般的だったそうです。

たつき諒先生になりすました男性は、その当時の時代背景を知らないのかな?ということで、その男性の年齢は30~40歳くらいではないか?というご意見をいただきました。

本人の発言や語り口調だけでは判断できないものですね…。

 

ところでこの男性は、現在は以下のTwitterで活動しているようです。

たつき諒のなりすまし
『76年【被害を減らすため予知夢を見せる存在】から拡散係を依頼されましが子どもだったので断りました』

@1976nenniyochim

日中も常にツイートしたり、質問にリプしているので、結構自由な身のようです。

パン子さん
マメな人に見えるよね。

一体どんな方なんでしょうね?

今後はどんな情報発信をされるのか注目が集まりそうです。

 

Sponsored Links

Sponsored Links

10 件のコメント

  • 10月に延期になったという完全版は本当に出るのかなあ。
    飛鳥新社の発表だと本人が出てきたから延期するとかいう話でもなさそうなんだよな。

    • こんばんは。コメントを頂戴しありがとうございます。

      たつき諒先生ご本人の未発表の予知夢があるとのことで、個人的にも凄く気になってます!

      今はゴタゴタしていると思いますけど、10月の発売はぜひ期待したいですね。

  • あと不思議探偵社の偽たつきのページをインターネットアーカイブで見たんだけど、この偽物はもっと若いと思う。
    2020年5月の記事に阪神淡路大震災を予知して知り合いにホームページを作ってもらってって書いてあったけど、95年の1月だとまだパソコン通信全盛の時代で情報の発信は掲示板だったんだよねえ。Windows95の発売が95年の11月でそこからやっとインターネットが普及し始めたんだから、そのことを知らない30~40歳とかじゃないのかな。

    • 『パソコン通信』とは何か分からず、思わず調べてしまいました。

      1995年当時はインターネットではなく、”パソコン通信”を使って掲示板で交流をしていたのですね。
      大変勉強になりましたm(__)m

      それを踏まえると、その当時にホームページを作ってもらい発信していた…というのは、たしかに矛盾があるように思いますね。
      実に鋭い指摘です!

      なりすましの男性がぎこちない片言の語り口調だったのは、ネット操作に不慣れだったからではないということですかね?
      30~40歳ならきっとスマホやPC操作は余裕でしょうしね…。

      人物像に関して、さらに謎が深まってしまいました…。

      • 95年の11月にWindows95がでてやっとインターネットが一般人に使われるようになり、96年の4月にヤフージャパンがサービス開始して気軽に検索ができるようになった時代です。個人で気軽にホームページを作れるようになるのはジオシティーズなどの無料Webスペースの貸し出しが始まった97年以降です。
        なのでちょっと無理があるように思えました。

  • あとホームページだけじゃなくてブログでも広めてもらったって書いてありましたが、ブログが使われるようになったのは2000年以降、無料ブログが始まったのは2002年以降なので、そこにも違和感はありましたね。全部の記事を見たわけではないので暇があればインターネットアーカイブで見てみます。

  • ただこの漫画は非常に興味があるので復刻されるのであれば見てみたいです。
    内容もそうですけど、子供のときに見たたつき先生の漫画が見れるのであればこれほど嬉しいことは有りませんから。

  • なりすまし人物が30~40歳じゃないか、との指摘ですが、逆にネットに疎くてブログとかが当たり前になってからネットを使うようになった50歳以上じゃないかなという気がします。
    言葉づかいや文章の不自然さが30代とは思えません。私は40歳なんですが、私と同年代以降は10代のうちからポケベル、PHS、携帯を使ってたのでスマホで文章打つのも慣れてますが、私より数年上の世代は社会人になった時に初めてワープロ使ったと聞きました。

    • 50才以上でも今時、オフィスワークしてるような人、このような情報発信ができるひとは、文章は普通に作れると思います。仕事でのやりとりで50以上のひとはいくらでもいます60であってもこんな拙ない人はいません。ワザとしてるか、外国人か、(はたまた心の〇の人なのか?、、)のように思います。

  • 76年に子供だったというのですから、50代後半なのでは?
    私は50ですが、90年代後半にはパソコンを使ったデザイン系の仕事をしていて
    2000年代はブログで発信もしていました。もちろんタッチタイピングです。

    なので、この方は私よりもだいぶ上の年齢のような気がします。
    76年当時に、得体のしれない相手からの依頼を断る分別を持つ14〜15歳程度の年齢と仮定すると
    現在、59〜60歳ぐらいではないかと。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です